浮気調査

浮気相談窓口調査ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。

 

 

 

しかしそこまで重たく感じる必要は実際のところ、ないと思います。

 

離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、その証拠を握っておいたほうが不利にはならないですからね。
あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、興信所に頼んでみるのが最もストレスの少ない方法だと思います。

 

実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、浮気の追跡調査です。
どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に具体的に説明しますね。
調査方法の基本としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、相手の浮気の証拠を抑えるのです。不倫関係に終止符をうたせるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが最も効果的です。

 

 

浮気相手は遊びのつもりで後先のことまで考えが及んでいないことも多いです。

 

 

代償としての慰謝料を要求することにより、不倫の罪や現実を思い知らせるわけです。

 

 

 

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くこと事体、ありえないことではありません。

 

 

 

一般的に慰謝料というと、向こうが離婚したかどうかで当然ながら差があります。
離婚もしていないのに多額の慰謝料を請求してきたときは、すぐ返事をせず、弁護士に相談することです。

 

 

 

不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき別途、代金を請求されるというケースがあるようです。
ただ、普通は契約書に、追加料金について記載されています。

 

 

そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しておくべきでしょう。
また、不明なことがあるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことがおろそかにしてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけです。

 

 

 

調査と報告が業務であるという点はどちらも共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。浮気の追跡調査などを依頼する際は、どちらに頼んでも問題はないということです。ただ、ある程度の得意分野だのは調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

 

 

 

誘われたからとか遊びだったとか言い訳しても、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くついて当然でしょう。

 

とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。
不貞行為が明るみに出れば、高い賠償を払って償わなければいけないのです。興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気をやめさせることに成功しても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。

 

 

連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯にロックをかけるようになったりして、懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。

 

 

 

要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが寛大すぎたことが考えられますから、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応も考えなければなりません。クラス会やOB会では浮気のきっかけになることが本当に多いです。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。

 

もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに配偶者が不審な行動をするようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。
業界で名の知れた会社が絶対にハズレがないとは言い切れませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが損はないと思います。
小規模な調査会社の中にはろくすっぽ仕事もしないくせに金銭だけを要求してくるところや料金が不明確だったりする会社もあります。それとは別に、相談した際の職員の対応なども良い検討材料になりますね。

 

不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は探偵会社によって幅があります。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、多少面倒でも複数の探偵社に見積り依頼しておく方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

 

 

それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、探偵に可能な限り伝えることで、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。

 

 

 

どのへんまでを浮気というのかは、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。自分以外の異性に優しくしたとか、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気扱いする人もいますからね。

 

不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと「不貞」となります。

 

まあ、順風満帆な結婚生活を続けたければ、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりはするべきではないです。
はからずもご主人の浮気が露見した場合、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気を鎮めることが大事です。

 

どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、離婚と慰謝料なども勘案しなければいけません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、以後どうするか、きちんと相談することをおすすめします。夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、探偵に調べてもらう際は、価格の安さが気になりますよね。
しかし安さの根拠も定かでない会社は用心したほうがいいです。経費を省くため、調査内容がいまいちという場合もあるので、お金を払って依頼するなら、その会社の信頼性は、しっかり確認しておきましょう。相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。ただ、落ち着いてきてからで構わないので、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。だいたい不倫行為は、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、気持ちの上ではわだかまりが残るとは思いますが、これまでの精神的な苦労への慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。不倫調査で興信所を利用するなら、妥当な価格というものを調べておいたほうが良いです。不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところだってないわけではありませんから注意が必要です。

 

また、安価な価格設定で顧客を誘い、よくわからない諸経費や天候割増など、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、追加料金の発生条件等も、しっかりチェックしておかなければなりません。
探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には詐欺のようなタチの悪い会社があるので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信頼ベースで選んだほうが良いですね。

 

また、不倫の追跡調査等でも、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。

 

 

調査に要する時間と代金は、よくよく確認した上で依頼しましょう。

 

 

 

普通の仕事への対価と比べると、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、けして安いものではありません。

 

 

 

でも、安さ重視で業者を選んでも、肝心の不倫の裏付けができなければ、お金の無駄どころではありません。大事なのは調査の能力の高さですが、調査料が高額であるほど調査能力が高いかというと、それは一概に決めかねるところがあります。
しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。

 

 

 

一例をあげると、浮気調査で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。

 

しかし、調査が未熟なことで結果が出ないこともないわけではありませんから、候補に上がった探偵業者の評判を契約前に確かめておくことはとても大事なことです。
そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのも結果に大きく影響してくると思います。

 

 

 

最近の探偵業者は、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが増えてきました。

 

 

 

複数の会社に相談することもできますから、依頼前にぜひ利用しておきたいですね。

 

 

誠実そうな業者かどうか判断する助けになるでしょう。先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて冷静に確認できるようになるというメリットもあります。

 

資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、相応の能力や習熟が必要でしょう。

 

スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあると聞きますので、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。

 

費用対効果があるプロフェッショナルに調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことが結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。

 

 

 

浮気されたことによって心に傷を負った人の心理カウンセリングを行う機関があります。
プロのアドバイスを受けつつ、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

 

浮気によってパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、自分の人生なのにポジティブになれないといったケースもあります。

 

それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

 

近頃はスマホを情報源として不倫が露見するといったケースも増えています。

 

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインなどのSNSやメールに不貞行為の一部始終が残されているというのは当然でしょう。肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると考えて間違いないでしょう。
調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。
それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で使われるなら、証拠として採用されるには、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと困りますよね。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別する必要があるでしょう。

 

 

 

別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思われるかもしれません。でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、出会いがない現場だろうと用心すべきです。

 

 

 

取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。一緒にいて怪しい点があるときは、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、メンタル面でもプラスになると思います。

 

以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、これは浮気しているなと思いました。

 

 

相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)携帯をチェックしようとしたら、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。

 

泥沼は嫌なので、これは探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、ためらっているところです。不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加で料金を請求されたという事例もあります。

 

ただ、普通は契約書に、オプション付加条件や料金テーブルがはっきり書かれているはずです。

 

そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解することは欠かせないのです。

 

説明を聞いてもわからなかったりしたら、依頼前に質問して、解消しておくのも重要ではないでしょうか。浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったというものです。
恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが不倫行為の都合の悪い部分を打ち消してしまうのです。
理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめお互いの話に耳を傾け、何を我慢して何を求めているのか、問題点を語り合うことも大事です。

 

 

興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、無視することができないファクターでしょう。このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。

 

 

 

悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、営業所のかわりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで顔合わせするという手段もあります。

 

不本意な契約を未然に防ぐことができます。

 

 

 

お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。

 

そこから相手に良心の呵責を覚えるようになったり、先のない不倫という関係にうんざりする気持ちが出てきたりします。また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、以前からの罪悪感もあって、別れることに積極的になるでしょう。

 

もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、歴然とした法律上の違いが存在するんですよ。便利屋でしたら無届けでも開業できますが、興信所や探偵社のほうは、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。
管轄官庁による管理が必要なほど専業で調査業務を行う探偵社だからこそ、安心して任せられるのではないでしょうか。

 

探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。営業所に話をしにいった際、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は注意すべきです。断って帰宅したあとでも、しつこい電話勧誘がくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。
まともな探偵社や興信所であれば、依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。パートナーの浮気に気づいたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。

 

 

 

不倫行為の証拠といえば、やはり、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。

 

 

自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判で確実に証拠になるようなものを得るのは困難でしょうから、探偵を雇うなどのプロのワザも考えておくと良さそうです。

 

浮気調査を探偵に依頼するとき、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、第三者(依頼主)に報告する調査業自体、非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。
現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。

 

2000年代中頃にこの法律が制定される前は、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、不当な行為を働く業者によるトラブルを防止するために策定され、現在に至ります。
どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵をあたってみると良いでしょう。

 

地元に精通していれば、それだけ仕事を有利に進められますし、報告書の精度も上がるでしょう。
調査内容いかんでは得意、不得意の差が出ることですから、あらかじめホームページとか電話で問い合わせてみるのをおすすめします。